HOME > センター紹介 > 病院長のあいさつ

病院長のあいさつ

病院長あいさつ

 徳島大学病院は、「先端的で、かつ生きる力をはぐくむ安全な医療を実践するとともに、人間愛に溢れた医療人を育成する」という理念を掲げ社会に貢献しています。人間性豊かな優れた若手医師を育成することが本院の使命であり、大きな喜びです。

 卒後臨床研修が開始されて以来、本院の研修プログラムは、学生、研修医、若手医師の意見を取り入れ進化してきました。現在は、①本院と県内、四国内のみならず全国の協力病院で研修可能な、AWAすだちプログラム、②総合メディカルゾーン(MZ)(本院と徳島県立中央病院)を軸とした、ERから高度な専門診療まで広く学べるMZ重点研修プログラム、③産婦人科を集中的に学べる産婦人科研修プログラム、④小児科等を集中的に学べる小児研修プログラムの4つです。研修を希望する皆さんは、診療科や協力研修病院、地域医療研修病院・施設を希望に沿って選択できます。将来を見据えたキャリアデザインを頭に描き、実りある臨床研修をスタートさせてください。

 研修で重要なことは、2年間の研修プログラムを通じて、自らの未熟さを知り、学び方を学び、しっかりとした臨床の基礎力を身につけることだと思います。また、同僚と切磋琢磨し、様々な診療科医師、メディカルスタッフと交流することによりチーム医療の一員としての役割や心構えを学んで欲しいと思います。知識や技術の習得はもちろん、患者さんやその家族を労る心、同僚への共感、後輩への思いやり、先輩への感謝の気持ちも大切です。医師としての心の部分も磨いてほしいと思います。

 新米医師として、また新社会人として2年間の研修期間には、色々なつまずきや戸惑いがあるかと思います。皆さんが研修の楽しさを実感し医師として成長できるよう、卒後臨床研修センタースタッフ、卒後研修主任が皆さんを暖かく見守り全力でサポートいたします。遠慮なく相談してください。

 卒後臨床研修センターならびに本院の職員は、皆さんと共に喜びを感じ、発展していけることを楽しみにしています。徳島大学病院は皆さんの医師としての大きな夢と輝く未来を応援します。

ページTOPへ